期限の利益とは
分割払いの権利です!
分割払いで購入した物の、分割払いが不可能になる意味を考えてください!


期限の利益の喪失

フリーダイヤル
#


民法137条-期限利益のそう失
この通知の後には代位弁済通知というのが来ます!



任意売却のアドバイスは


期限の利益の喪失
住宅 ロ ー ンで言う『期限の利益』とは住宅 ロ ー ンを一括で返済しなくても良い利益、つまり住宅 ロ ー ンを分割返済できることは利用者の利益とも 言えます。


別の言い方をすれば、決められた期日が来るまでは返済を行わなくとも良いという権利のことです。 例えば、住宅 ロ ー ンのお支払い日が毎月28日と仮定した場合、28日までは払い込まなくとも良い権利のことです。


しかし、住宅 ロ ー ン返済の滞納が数ケ月続くと、この期限の利益を喪失することになります。この期限の利益を喪失すると、分割返済できる利益を失うわけですから、住宅 ロ ー ンを一括弁済する必要があります。 残っている不動産 ロ ー ンの全額を一括弁済できない場合、債権者は競売への準備を開始することになります。


すでに住宅 ロ ー ンの返済が出来なくなっている場合には、一括返済できずに競売となる ケ ー スがほとんどだと思われます。競売になると悲惨な結末に 陥るケースが多いので、任意売却を考える必要が有ると考えられます。


通常、期限の利益の喪失となる具体的な時期は ロ ー ンの契約書の約款に記載されていますので チ ェ ッ クしてみてください。


期限の利益の喪失についてご理解いただけましたか?
では次に代位弁済のご説明をお読みください。




メ ニ ュ ーへ


期限の利益の喪失通知が届いたら
任意売却相談センタ-
営業時間
09:00-20:00
定休日無し


フリーダイヤル #


メールでのお問い合わせ


会社紹介


個人情報の取り扱いについて


利用規約




お勧めリンク集


全国任意売却センターPCサイト