月々のローン返済の減額交渉
銀行との毎月の返済額の交渉です!
返済のリスケージュールとか返済のリスケと言います。


住宅ローンのリスケ

フリーダイヤル
#



滞納/延滞をしていないのなら
銀行に返済額を下げてもらう交渉をまっ最初に行わないと駄目です。そして返済のリスケジュールリング(リスケ)の申請をしてみましょう!

任意売却のアドバイス


住宅 ロ ー ン の返済額の変更
住宅ローンの返済が苦しい!返済が滞りがちである!


このような方々であれば、先ずは住宅 ロ ー ンの融資を受けている金融機関に住宅 ローンのリスケジューリング(通称リスケ)をご相談してみてください。 返済の年月は長くなりますが、月々の返済額を減らすことができるかもしれません。


不動産 ロ ー ンの返済を3 ケ月以上放置しておられる方々は、ご自宅の任意売却をお勧めします! 滞納が3 ケ月以上ですと金融機関ではリスケージューリング(リスケ)の話にはのってくれないのが一般的です。とは言うものの、駄目で元々でお借入をしている銀行と相談をしてみることをお勧めします。


また ロ ー ンの借換は滞納している方には利用出来ないことが一般的です。 滞納者が ロ ー ンの借換をする際には滞納分の一括払い込みと ロ ー ン保証金の数十万を用意しなければなりません。 滞納を放置すると「競売」という最悪の段階まで突き進んでしまいます。 ローン返済が滞っておいでなら「任意売却」を考えてみてはいかがですか? また、 ボーナス返済で苦しんでおりますか? 一度お電話をください!


人によっては、また金融機関によっては2度3度のリスケを認めてくれることも有るのです。


ロ ー ンの返済額の交渉についてご理解いただけましたか?
では次に期限の利益の喪失のご説明をお読みください。




メ ニ ュ ーへ


任意売却のご相談は
任意売却相談センタ-
営業時間
09:00-20:00
定休日無し


フリーダイヤル #


メールでのお問い合わせ


会社紹介


個人情報の取り扱いについて


利用規約




お勧めリンク集


任意売却相談センターのPCサイトへ


順序を間違えてお問い合わせをすると後悔する結果となってしまう場合も有ります.


リスケが可能なのに、先ず最初に任意売却の業者さんに問い合わせをしたためにマイホームを売却せざる得なくなってしまった方々からの泣きの後悔相談も頂くことが有ります.


先ずは住宅ローンを借りている金融機関に返済のリスケジュールの相談をしてください. リスケが認められれば最低でも3年間は返済額を抑えられることになります. 言いかえれば3年間はそのまま、そこに住み続けることが可能となるのです.

金融機関にリスケの話が断られてから、任意売却業者に相談しましょう.