任意売却後の住宅ローン


任意売却の後に残るローンの返済について


任意売却の後の残ったローン

フリーダイヤル
#


残こってしまう住宅ローンの件を含めご相談は任意売却専門業者へ


住宅 ローンの滞納や不動産の差し押さえ、競売をお気軽にご相談下さい。




任意売却のお問い合わせ


任意売却後の残債務について


任意売却で不動産を処分した場合でも競売で処理されてしまっても一般的に返済し切れないローンの債務が残ります。 この債務は任意売却終了後または競売終了後にも引き続き返済の義務が有ります。


任意売却の場合には、売却の処理の過程で任意売却業者が債権者と交渉をして月々の返済額などを決定して行きます。


任意売却業者は依頼者の 今後の生活状況を的確に把握しているために、任意売却終了後、月々の返済額を収入に合わせ生活に支障の出ない額でまとめます。


その 額は人により大きく異なります。 例えば月々5千円〜3万円(1社あたり)とい額が一般的です。


また、将来、依頼者が経済的に立ち直れれば、任意売却の残債務(債権といいます)を サービサーから20万円とか30万円とか50万円で買い取ることも可能です。


任意売却後に残る債務は無担保債権という担保の取られていない借金となります。


一切の担保が取られていないので何も恐れることは無いから逃げ切れば良いと主張されている業者さんもおります。


その言葉につられて、その業者さんに依頼をして、残債務の返済に関して支払約定書 を公正証書で取られたという方々もおります。 業者選びは自己責任ですので慎重に。


サービサーへ残債務の返済を続けていく必要はありますが、途中、交渉次第で、返済負担額を見直す事もできます。


前記しましたが、競売後にもローンの債務は残ります。 残る額は任意売却よりも多額になるのが一般的です。


そして月々の返済額も競売前となんら変わらない額での返済というケースも有り得ます。 そして中には競売終了後数ヶ月後に自己破産をなされる人も居ます。


上記で挙げた例に関してはあくまでも事例となりますので、滞納している方々のケースによって大きく異なります。


詳しくは全国任意売却センター(フリーダイヤル)#までお問い合わせ下さい。


任意売却後の残る借金についてご理解いただけましたか?


では次に任意売却後のメリットのご説明をお読みください。




メ ニ ュ ーへ


ト ッ プページへ




任意売却のご相談は
全国任意売却センター
営業時間 
09:00-20:00
定休日無し


#


メールでのお問い合わせ


会社紹介


個人情報の取り扱いについて


利用規約




メニューへ


お勧めリンク集


全国任意売却センターのPCサイトへ

任意売却と自己破産

競売と自己破産

自己破産も選択肢の一つと捉えても良いのではないでしょうか.


任意売却が終わった後、競売でマイホームを失った後、返済仕切れなかった住宅ローンの残金の返済が求められます.


任意売却の場合には月々の返済額が5,000円〜20,000円(1社)位で抑えられると思いますが、中にはこの返済額でもキツイという方もおります.


昨今は、以前とは違い自己破産者に対してもそれほど暗いイメージは有りません. 引き続き月々の返済額に頭を痛めるのな自己破産も考えるべきです.


特に、競売でマイホームを失った方は、早めに自己破産を考えるべきだと思います.